Taichi Miyade のすべての投稿

文豪の愛した逗留の地|城崎温泉(兵庫)|温泉のすゝめ66

大むかし、といっても振り返ればほんの6年ほど前だが、サークル活動にも参加しておらず学園祭に用のない私は一人紅葉の京都へと出向いた。
その時お世話になった、ホステルの受付のお兄さんから口に出たのが城崎温泉。それ以来頭の隅を長らく占めていた温泉地であったが、関東の人間にはなかなか訪れる機会の無い、兵庫県も日本海側の温泉地である。

山陰をゆったりと周る用事ができたので、ここぞとばかりに一泊二湯。
海や河に近い土地ではあるものの、温泉街は小川沿いに造られており、山奥の温泉地に来たかのように錯覚する、不思議な温泉街であった。

続きを読む 文豪の愛した逗留の地|城崎温泉(兵庫)|温泉のすゝめ66

SEPTEMBER

松本隆先生のトリビュートアルバムが発売になりました。
すっかり身体がYouTubeMusicに馴染んでしまっているのが我ながら残念ではありますが、粛々と聴き込んでいます。

松本隆作詞楽曲だと知って聴いていたお気に入りの楽曲はこのあたり。
・硝子の少年/Kinki Kids
・スワンソング/Kinki Kids
・星空のサーカス/ラッツ&スター(大瀧詠一)
・白いパラソル/松田聖子
・夏色のおもいで/チューリップ
・光進丸/加山雄三 etc…

大瀧詠一はもちろんのこと、財津和夫とのコンビ楽曲(『白いパラソル』,『夏色のおもいで』)も素敵だなあ、と。

『光進丸』は歌詞の韻が好きで、作詞家を調べたところ松本先生作詞とのことでずいぶんと驚かされました。

トリビュートアルバムに収録されている『SEPTEMBER/竹内まりや』も同氏の詩作だと初めて知りただただ驚嘆。とても素敵な楽曲です。

SEPTEMBER/竹内まりや

作詞家を軸に音楽を聴き回った経験というのは無いですし今後もそう無いとは思いますが、それでも、「これも松本隆だったのか!」の驚きにはこの先の人生でも何度も出逢えそうで、楽しみです。

アウトプット

そろそろ色々と書きものも始めようかなあと思いはするのですが、それでも、筆が乗らない。

アウトプットが大切です、は、わかる。たしかに、インプットをより良いものにする意味で、アウトプットの効能は高いなと経験からしても思うには思う。

けれど、あれこれ書いても、数ヶ月後に見返すと、「あれこれ知らずに、よくこんなもん偉そうに書けたもんだな」と思えてしまう。

知識が増えるからそう感じるわけで、その実感そのものは悪いものではない。

けれど、とはいえ、あまりに言説を吐くに足るだけの知識・見識が不足している。

どこかで踏ん切りを付けて、知らん顔をして物を書き、知らん顔をして物を言わなければならない時が来るだろうとは思いますが、やはりいまはその時ではない。

論語から、若かれし頃は立身出世すべきではない、というような一説を引きたかったのですが、見つからず。(安岡正篤先生の「無名有力」話と、ごちゃごちゃになってしまっている気がする。)

連綿とほそくながく書き続けることがこのページの目的ですから、波があるのも決して悪いことではない。

こちらは、引用。日々のルーティンワークに対する心掛け。

子貢、告朔の餼羊を去らんと欲す。子曰く、賜や、爾は其の羊を愛しむ、我は其の礼を愛しむ。
(論語 八佾第三 17 子貢欲去告朔之餼羊章)

世界遺産の温泉地でひといき|湯ノ峰温泉・あづまや(和歌山)|温泉のすゝめ65

我が心の故郷、和歌山県。
何度訪れてもたりない、奥ゆかしき水の国。

太平洋に面する白浜や勝浦は名湯として名高いが、紀伊山脈深くに鎮む龍神、川湯、湯ノ峰といった温泉地がそれらに比肩するかといえば、答えは否になってしまおう。

龍神、川湯には以前足を運んだが、この度は湯ノ峰温泉。世界で唯一の、世界遺産の湯壺を有する温泉地。

宿泊は「あづまや荘」。夏場は登山客で賑わうであろう民宿。湯に入ったのは系列の「あづまや」。

籠と洗面台だけのシンプルな更衣所。サウナは休止中。

湯処に足をすすめると、艶やかな木張りの壁、浴槽が空間を包む。
浴槽は、1人用のあつ湯槽と、大人4,5人が最大キャパシティーの大浴槽。身体が芯までほくほくと暖まるので、湯に浸かっては地べたに座って火照りを冷ますの繰り返し。

湯は、どことなく柔らかい。
目で楽しむ湯ではないが、身体へのあたりと、湯処の空気感で温泉であることを感じられる。

露天湯にも浸かったが、屋内湯が気持ちよかったのでそちらは割愛。

アクセスの都合もありなかなか選択肢には入らない温泉地ではあるが、本宮詣のついでにでも、いつかまた再訪できればと思う。