ターキッシュエアライン シャルムエルシェイク国際空港→アタテュルク国際空港TK699便 B737-800【搭乗記】

エジプト・シャルムエルシェイクからトルコ・イスタンブールへと移動!
深夜遅く、2時間半の平穏なフライトでした。
ほとんど寝ていたので、大したネタはありません。
2018/9/21

搭乗ルート

3:35シャルムエルシェイク発7:10アタテュルク着のTK699便に搭乗。

フライトルートはこんな感じでした。

通路側だったのとお腹が調子悪かったのと眠かったので、ほとんどフライトに気を配っている余裕はありませんでした。

機材 B737-8F2(TC-JVY)

機材はB737-800。

とても綺麗な機内。
2時間半のフライトにも関わらずモニター付き。

さすがは新機種だなという機内デザイン。

搭乗記(シャルムエルシェイク国際空港(SSH)〜アタテュルク国際空港(IST))

需要がある気がするので、空港までの移動と空港での手続きは別記事に。
前もって手配していたタクシー(というか1人だけのためにバスが来ました笑)で空港に着き、なんて事なく保安検査やらチェックインやらを済ませ、搭乗。

3年前にシャルムエルシェイク空港発便で爆破テロがあったので、荷物検査は少し厳重な感じはしました。

バスで機体へと向かい、ボーディング。

座席について眠っていると、気付けばタクシーを開始し、気付けばテイクオフ。

3:45にテイクオフすると、小刻みに揺れながら上昇。

4:30(現地時間5:30)に朝食の提供。
夕食を抜いていたので夕食のつもりでいましたが、気付けば朝でした。

味は、朝食なこともあり大した事無かったなというのが正直なところです。

お腹の調子が悪かったのでトイレと座席を往復しているうちにアプローチ開始。

アプローチ中は寝ていたので、特筆することはありません。

ランディング後のタクシーは少し長めでしたが、定刻にアタテュルク国際空港に到着しました。

おわりに

初めてのターキッシュエアライン!

さすがは世界のエアラインの中でもリーディングカンパニー的立ち位置にいるだけあり、機内の清潔さやCAさんの対応は安定感がありました。

ただ思ったよりも機内食にインパクトがなかったのが少し残念だったなーというのだけ。夕食はきっと美味しいんだろうと思います。

ダイビングで耳の調子が悪かったんですが、細かく耳抜きしたおかげか特に問題なくフライトを終えることが出来ました。

↓ランキング参加中。クリック頂けたら嬉しいです!
にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です